柳刃

Category : 釣りの道具
奥出雲は古代からたたら製鉄が盛んに行われ、良質な鋼の産地であり、人間国宝の刀工を複数輩出している刃物の産地でもある。

近くにある町の鍛冶場でも農耕具をはじめとし、各種包丁を作っている。
個人の好みに合わせ、形状や重さを指定するとそのとおりに作ってくれるようだ。

今回は、出来合いの柳刃包丁を購入した。
刃渡り8寸、ちょいと長めで良く切れそうだ。

20061227180755.jpg


銘は雲州忠善。
朴訥で誠実そうな鍛冶屋さんだった、親切にいろいろ教えてくれた。

20061227180853.jpg


目の前であっという間に名入れをしてくれる。
気に入ったので、次回は子出刃と貝咲きを注文しようと思っている。


>pingさん
>guloさん
島根は人口も少ないためか、比例して釣り人口も少ないのかもしれません、そのせいか少し見て回った感じでも磯が空いていたり、聞いた話では魚影もすこぶる濃いようで、釣りに関しては楽しみであります。
こちらでは、11月から3月は磯は海苔場になっていて入れない磯が多いのと、昼間下見できる機会が少ないので当分は堤防や道路沿いの磯になりそうです。
pingさん、練馬支部も忙しそうですね(笑)
guloさん、信濃支店での活躍楽しみにしています(笑)


ピラニア鋸

Category : 釣りの道具
今週は色々ありアジ釣りはお休み。
近場のアイナメ調査の予定、アイナメも風向きによってはムズになったりするので、ギャングで底引きなんかもありかな。

アジマックスCB250のカーボンパイプ。
パイプカッターでは切れないので、鋸を購入。

20061124232226.jpg


これは良く切れますわ、スペックによると金属も切れるそう!!


浮きの試作ついでに、かねてから気になっていた細い浮きも思索中
名づけて「アジマックススリム」!!

Φ20mmで製作中。
週末、各種試験予定。

コンセプトは(笑)
細いボデーで空気抵抗削減→飛距離&感度アップ!
視認性の良いプロペラ使用でマズメ時にも対応!
日本海の大型かつ繊細な魚種にも対応可能!!!【笑】

マギリ

Category : 釣りの道具
刃物好きの皆さん、こんばんわ(笑)

「転勤」ブログに書いた、持って行く刃物「マギリ」

気になった人もいると思います(kazupunnさん他・笑)

物は↓です。


magiri.jpg


写真上が、女房が嫁入り道具にもってきたもの
下が、同じものの新品。

写真じゃ分りにくいけど、身幅、長さとも縮み、帽子も欠け
二十年の結婚生活で減っています。

この刃物は、研ぎやすく、切れやすく、錆びやすい。

漁師仲間が使っている、あまり世間には出ない逸品です。


普段、釣り魚をさばく時は、小型のアジ引き主体ですが
大型の魚の時はマギリの出番です。


なんちゅうか、この刃物は
使いこなすことにより、刃物の力が出る!
使わなくちゃわからないっていう実用の刃物だ!

田舎で暮らす、妻の母が使うマギリは
身幅も長さも半分ほどに減ってしまっている
それで、すべての料理をこなす。
稼ぎに来ている人たちのまかないも、全て
マギリでさばき、食べさせる。
その、シンプルな道具で作られる料理は
何よりも美味しい、いかなる料理番組をも凌駕する。

美味しさ、速さ、断言する!!




カスタムナイフ

Category : 釣りの道具
職場に、ナイフ作りを趣味にしている大先輩が居て
少し前に、自分用のナイフを作っていただいた。

最近はキャンプから遠ざかっているので、家で魚を開いたり、写真のようにチーズなどで一杯やりながら楽しんでいる。

20061025223146.jpg


切れ味はものすごく良い。
適度な重量感があり、丁寧な仕上げて使うのがもったいないくらい。

20061025223251.jpg


以下は、作者から頂いた解説です。

ナイフのブレードは8Aというステンレスで出来ています。
8Aという鋼材はステンレスでなおかつ適度な硬度が出るという性質がある。
適度な硬度というのは砥石で研げる硬さでという意味です。普通の砥石で
十分研げます。

ハンドル材はマイカルタといって木とか布とか紙を重ねてそれに樹脂を圧入した人工材で
す。今付いているのはリネンマイカルタといって布を重ねたものです。よく見ると糸の断
面が見えると思います。

ヒルトというのは人差し指が傷付かないように付けた突起のことですが、この材料はニッ
ケルシルバーといってニッケルと真鍮の合金です。

ハンドルの真ん中の2本のピンはシュナイダーボルトといって中央が6mm両外側が
8mmのボルトで締め付けてあります。

またソングホールといって紐を通す穴があります。

シースは牛の皮です。3mmの皮を使いました。

20061025223306.jpg


作者は、刃物の本場岐阜の関の工房に通うビルダーです。

関といえば、刃物ではいわずと知れた日本一の刃物の産地。
関に限らず、我が国の刃物は日本刀の時代から各地で名工を輩出して世界を席巻していました、日本一ということは世界一といって良いでしょう。


ネーム入りです、カッコいいでしょ♪

20061025223324.jpg



製作者が役員を務める、中部カスタムナイフクラブは以下に。
http://www.geocities.jp/seki_cckc/


Category : 釣りの道具
キチガイに何とかやらで、刃物は昔から好きです。
二十数年使っている鉈です。

20060926222115.jpg


岩魚釣りにはまっていた頃、父から山で何かの役に立つだろうと貰った物です。

20060926222324.jpg


鞘は、山桜の皮を巻いてある。
刃は、製紙工場のチップ用のブレードのリサイクルだそうだ。

元が元だけに、鉈としてはもちろん、刃物としても良く切れる。

20060926222633.jpg


梅にウグイスの彫り物が施してある。
無骨な鉈とも違い、山刀とも違う、細身の上品な鉈である。

岩魚釣りの時はいつも腰にぶら下げていた。
あの山、あの谷、源流での一夜、お守りとして。

手入れを怠ったため、刃こぼれと錆が浮いているが
お気に入りの鉈、大事にしようと思っている。

けちけちクーラーBOX

Category : 釣りの道具
釣りの必需品、クーラーBOX。
釣りを初めクーラーBOXを求める時、大きさや、機能、付加価値など相当選択範囲が広い、値段もピンきりだ。

今私が使っているクーラーBOXは超廉価版。
遠征しないから、それほど保冷力を求めていないこともあり
市販の安いクーラーBOXを購入し、自分なりに使いやすいように
改造している。


20060914205759.jpg


20060914205816.jpg


クーラーBOX本体は、2000円くらいのバーゲン品。
それに、小物入れや、竿立てを付けている。
竿立て以外は、100円ショップで手に入る物とリサイクル品ばかり。

布製のバックは、肩掛けベルトへ安全ピンでとめている。

竿立てに付けているクリップへタオルをはさむ。

20060914205839.jpg


小型のツールBOXは、スロットルを作り取り外し可能にしている。

浮き入れは釣竿ケースのリサイクル。
マジックテープで固定、もちろん取り外し可能。

20060914205858.jpg

20060914205915.jpg


餌箱はT型金具を木ネジで留め、ベルと通しの隙間へ刺す。もちろん取り外し可能。

20060914205931.jpg


中に仕切り板を入れ、小物入れをセット。
魚を入れる穴は、キスなどの時はクリップで買い物袋を留めている。
汚れ防止と、冷気温存に一役買っている。

これで、けちけちクーラーBOXの出来上がり。
収納量と汎用性は高価格品に劣らない。

保冷力を問題にしない釣り方なら純分満足できます。

これは初代品&ケチケチを目指したのでカッコは悪いが、高機能製品の改造にもアイデアは使えると思います。

ほかに良いアイデアがある方は教えてください。


追記、ひとつ書き忘れました。一番上の写真に写っているステッカー
そう、どこかで聞いたことがあるでしょ、これこそ幻の
よくつれるステッカー・サヨリ風なのだ(笑)
これは残念ながら安売り品ではない、当然非売品である。
じつは、このステッカーも二代目。
初代は働きすぎて、陽炎のようになってしまった。

クーラー改造を考える諸君!
よく釣れるステッカーを張れば完璧です、入手できるかもしれないサイトは、ブログのリンクコーナーで(笑)







ブルズアイ

Category : 釣りの道具
遠投カゴアジの竿。

名無しの磯竿から始まって

シマノ BB-X si 3-530 (予備 BB-x si 1.7-530)

シマノ 遠投EV si 3-520 

↑の中通し竿を使ってきたが、どうにも気にかかっていた。

繊細な動きを竿でとれない、胴調子。

竿のタメが遅れてくる、時差式ダォーンとした投げ方。

仕掛け交換時の手間。

ワイヤーを無くすとどうにもならない。

ガイド無しのいろんなメリットを享受しつつも上記のことが気にかかるのと、やはり飛距離に差がつくことで外ガイドの竿を新調した。

20060913214608.jpg


シマノ BULL'S EYE 3-520

重量はEVと変わらないが、バランスがいいのか持ちがさりを感じない。
回転しないガイドもグット。
反発力も良い感じ。
硬さも先調子で好感。

近場の店には置いていなくて、ネット通販で30%OFFでゲット。

リールも新調したいが、気に入ったリールが無い。
シャロータイプのスプール付きで#5000くらいのスピニングがあれば欲しいのだが無い、投げ専リールを衝動買いしそうになっているがぐっと我慢。

すこし、アルテグラ4000Sで様子を見てみようと思っている。


今週は、野暮用&天気が悪いので、南房は無理?

カゴ浮きのバランスを変える必要があるかもしれないので、近くの池で、遠投テストをしてみよう。

予備竿&予備リールもこんなに増えてどうすんだろう(笑)



良く釣れるTシャツ

Category : 釣りの道具
釣りの道具に「Tシャツ」?
なんでと思われる向きも多いだろう。

この「良く釣れるTシャツ」は、このブログにもリンクいただいている「サヨリ風」の社長が代表を兼ねている「サヨサヨ水産」の某大幹部が辛く長い修行の末に編み出した大発明。

「良く釣れるTシャツ・サヨサヨ(仮称)」なのだ!!

T_mae.jpg

左胸に輝く、ハイセンスなイラストと涼しげなSAYOSAYOのロゴ。

T_back.jpg

背中にしょったちょっぴり大きめの誇り高いコーポレーションイメージ。

サヨサヨ水産の詳しい活動内容はここでは明らかにできないので本社を覗いていただくとして。
ぶっちゃげて言うと、年代を超越し海遊びに卓越したチョイ悪おやじの集団だろうか、メンバーの名誉のため追加するがまじめで良い若者もいます(笑)

私も恥ずかしながら末席に名を連ねているので、このTシャツを着たときは普段にもまして、海遊びに厳格に立ち向かわねばならないと肝に銘じている。
釣り場でのマナーはもちろん行動の端々まで、サヨサヨ水産の名誉を傷つけないよう気をつけている。

この「良く釣れるTシャツ」はここ一番というときに着るようにしている、いわゆるおっちゃんの「勝負服」だ(笑)

今のところさすが大幹部の修行の成果、Tシャツの霊験あらたかで、坊主は無い。
これからも無いだろう。
いや、きっと無いはずだ(笑)




プロフィール

浜風

Author:浜風
単身赴任男

全国どこでも行ったりきたり、多趣味なおっさんがジョージ・クルーニめざして日々楽しんでいます(笑)

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
検索フォーム
リンク