国宝

Category : 福島の風景
久しぶりに国宝に会いたくて、いわき市内郷の白水阿弥陀堂へ行ってきた。

s-DSC00065.jpg

ところが、年末で開寺してなかった、ざんねーーーーーーーん!



池の周りを散歩して帰ってきました

s-DSC00069.jpg

 
 
 

小名浜港

Category : 福島の風景
快晴だが風がとても強い

s-DSC00052.jpg


海は大荒れ

s-DSC00056.jpg


今日も漁はない

s-DSC00060.jpg

s-DSC00058.jpg



自由を泳ぐ海鳥たち

s-DSC00059.jpg
DSC00061_20161223132608fd4.jpg
DSC00063_20161223132609cf1.jpg


もうすぐお正月、勤務日もいくらもない、ラストスパートだ
 
 
 
 

雪と山羊たち

Category : 福島の風景
山羊たちは寒くても元気です。

角のあるハナちゃん、無角のまるちゃん、遅い朝食中です。
s-DSC00047.jpg



我が家の4頭は皆食い意地が張っているので、各自に一つ餌箱を与えています。
s-DSC00041.jpg




しかし、すぐに他山羊のエサがおいしく見えるのか一つのエサ箱を奪い合います。
s-DSC00046.jpg

伸びあがって食べているハナ、時には頭突きあいに発展します、たいていはまるちゃんが引きます。





ユキと空も一つのエサ箱を奪い合っています。

s-DSC00048.jpg

これから寒さが本格化します、朝は水が凍っていました。

子供たちは寒そうなのでベットの中に植物用テントを改造して入れてあげました。


それじゃ、また。
 
 
 
  

柿の木

Category : 福島の風景

吊るし柿を撮りに短時間だけど町をうろうろしたが見つけられなかった。

しょうがないので柿の実を撮ってみた

s-DSC00034.jpg







最近は柿をもぐ家も少なくなったのか採った形跡がない

DSC00032.jpg








鳥や獣たち山の神様に「残し柿」、「木守柿」、「布施柿」など風情があったものだが、全ての柿が残っていた。
高齢化と食生活の変化、時代の流れでしょうがないですね。

DSC00039.jpg


帰ってから知り合いに吊るし柿のことを聞いたら、山羊の牧草で世話になっているお宅にあったそうだ、そのうえその方はユニークな干し方をしているそうで近くまで行ってたのに残念なことをした。

また来年のお楽しみですな。 
  

曇り空の小名浜工

Category : 福島の風景
ちょっと時間ができたので久しぶりに漁港へ

s-DSC00012.jpg

曇り空でいまいちですね



今日は大しけで漁船がたくさん避難してきています

s-DSC00010.jpg

まき網船団、今年は不良と聞きます年末なのに寂しい話ですね

s-DSC00008.jpg



さぁ明日から休暇です朝出て昼には八戸へ約5時間の小旅行
 
 
 
 

おらが浜

Category : 福島の風景
久しぶりに沖に出てみた

s-RIMG1383.jpg


s-RIMG13850.jpg




断崖絶壁の続くおらが浜

s-RIMG1384.jpg

第一原発から南へ6キロ、第二原発との間に挟まれたその浜に、かつて日本一小さい漁港があった。富岡町大字小良(おら)ヶ浜―、平成5年、新港ができるまで、6組の家族が代々、漁業を続けてきた。(NHKからコピー)


天気が良くて気持ちのいい航海だった。
 
 
 
 

小名浜港

Category : 福島の風景

天気がいい一日、小名浜港を撮ってみた


セメント運搬船
s-DSC05056.jpg



セメント運搬船と小名浜ベイブリッジ、中央はマリンタワー
s-DSC05059.jpg


夕日に輝くアンローダー(名前あってるかな?)
s-DSC05062.jpg

なんかこのレンズあまりよくないな、買い替えかな? 
  
  
  
 
  

十月桜

Category : 福島の風景

今年も秋に桜が咲いた

s-RIMG1306.jpg

去年は季節外れに咲いたので狂い咲きかな?とおもっていた


ネットで調べたら、秋から冬にかけて咲く桜は何種類かあるらしい

この桜は「十月桜」

s-RIMG1305.jpg

秋から冬にかけて3割ほどのつぼみが咲き、残りは春に少し大きな花を咲かせるようだ

「桜守」にはこんな話書いてなかったな。 
 
 

おらが浜

Category : 福島の風景
s-RIMG1259.jpg
s-RIMG1262.jpg
s-RIMG1260.jpg

馬の温泉

Category : 福島の風景
土曜日の話

ラッキーなことに休日をもらえて、かねてから気になっていた馬の温泉を見学に

s-DSC05007.jpg

いわき市湯本近くにあるJRAの施設、競馬はまったくやらないけど競争馬は美しくて大好き



受付をして入り口近くのお馬さんへ会いに行きます

s-DSC05006.jpg


馬齢を重ねたおっさんを待っていてくれたのは、高齢のポニーばあさんでした

s-DSC05003.jpg


馬の年齢はわからないけど15歳くらいだったので、人間だったら100歳超えているのでは・・・・



さーて、温泉、温泉・・・・・・・

ところが、この日は午前中にリハビリはすべて終わっていたようで

いななきは聞こえるものの、サラブレットの姿はまったく見えず

朝のうち雨が降っていたので午後から見学に来たのが敗因でした

というわけで轟沈の馬の温泉でした

ここは日曜はお休みなので見学のチャンスが限られています

再び来れることができるかどうか・・・・・

残念な日でした! 
 
 
 
プロフィール

浜風

Author:浜風
単身赴任男

全国どこでも行ったりきたり、多趣味なおっさんがジョージ・クルーニめざして日々楽しんでいます(笑)

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
検索フォーム
リンク