悲運の果て

Category : 最近読んだ本


滝口康彦「悲運の果て」

s-005_20120207212808.jpg

愛情、哀れみ、誇り。
人間らしさが招く過酷な運命。

武家社会の掟に縛られる人間の無残と峻烈、悲哀の中に厳粛に生きる武士道を描く。

秀作。

スポンサーサイト

Comment

No title

どうもどうも!お邪魔しま~す!(笑)

これはちょっと気になる本ですねぇ~! というのは、去年映画で「一命」という映画があって、まだ見てはいないのですが、見たいなぁ~・・・と思っていて忘れていたのですが、その原作の方が、滝口康彦氏、だったんです! 奇遇ですねぇ~!(笑)

「真剣師」も面白そうだし、こちらの「悲運の果て」も面白そうだし、「麻雀放浪記」も面白そうだし、「いねむり先生」も面白そうだし・・・いや~、何から読んで良いか、悩んじゃいますねぇ~・・・まだ買ってないけど・・・(笑)

No title

はは、悩みますね。
真剣師:心がすさむかも
悲運の果て:現代に生きるのが果たして幸せか考えさせられます
魔ジャン放浪気:信じられないいかさまの数々、ほんとかよ。
いねむり先生:いつか読んでみよう。

それはそれとして、そろそろお馬鹿さんの出来を調査しなければいけませんが
なにしろ、行事が多くて・・・
非公開コメント

プロフィール

浜風

Author:浜風
単身赴任男

全国どこでも行ったりきたり、多趣味なおっさんがジョージ・クルーニめざして日々楽しんでいます(笑)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin