神田川の橋とタワー

Category : 東京の風景
皆さんこんばんは。
今日は暑かったですね、夜になってもまだ暑い夏至の日でした。

今日は通勤途中の土木遺産を紹介します。

通勤帰路、早く帰りたいときは

新宿--中央快速--御茶ノ水--総武線各駅--錦糸町--総武線快速--船橋

この乗換駅、御茶ノ水駅からの風景です。

御茶ノ水橋、一般ピープルには何の変哲もない橋に見えるが、土木屋にとっては愛おしい橋なのだ。

s-004_20110622200743.jpg

昭和6年5月10日完成(震災復興橋)
橋長80m 幅23.8m 鋼橋

最近の構造物のような華やかさはないが、逆に何者にもこびない意志の強さを感じる、質実剛健。



土木遺産と言えば、そもそも神田川じたいが江戸時代に切り開かれた人工河川だったね。

ここは元々台地を切り開いて造った川、右岸側に徳川譜代の屋敷が多かったから、駿河台と呼ばれたんだって。

 
 
 
御茶ノ水駅の上に架かる、聖橋。下流側から。

s-020_20110622201528.jpg


上流側から。

s-001_20110622201628.jpg

昭和2年(1927)9月8日 復興局施工
橋長92m 幅22m 

両岸に位置する2つの聖堂(湯島聖堂とニコライ堂)を結ぶことから「聖橋」と命名された。

ネーミングがいいよね、これ一般公募で選ばれたんだって、センスいい!

聖橋、この響きでこの橋の印象はかなり上がっている、現代ならもっと薄くできるであろうアーチや壁のやぼったさを名前がカバーしていると感じる。





そして、最後は錦糸町駅から

東京スカイツリー

s-006_20110622202139.jpg

これって将来の建築遺産?かな

それにしても、聖橋に比べたらネーミングがね、本家、東京タワーの貫禄にも負けてると感じる。

辛口すぎるかな?


そんじゃ、またね。
  
 
 
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

浜風

Author:浜風
単身赴任男

全国どこでも行ったりきたり、多趣味なおっさんがジョージ・クルーニめざして日々楽しんでいます(笑)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
検索フォーム
リンク