カスタムナイフ

Category : 釣りの道具
職場に、ナイフ作りを趣味にしている大先輩が居て
少し前に、自分用のナイフを作っていただいた。

最近はキャンプから遠ざかっているので、家で魚を開いたり、写真のようにチーズなどで一杯やりながら楽しんでいる。

20061025223146.jpg


切れ味はものすごく良い。
適度な重量感があり、丁寧な仕上げて使うのがもったいないくらい。

20061025223251.jpg


以下は、作者から頂いた解説です。

ナイフのブレードは8Aというステンレスで出来ています。
8Aという鋼材はステンレスでなおかつ適度な硬度が出るという性質がある。
適度な硬度というのは砥石で研げる硬さでという意味です。普通の砥石で
十分研げます。

ハンドル材はマイカルタといって木とか布とか紙を重ねてそれに樹脂を圧入した人工材で
す。今付いているのはリネンマイカルタといって布を重ねたものです。よく見ると糸の断
面が見えると思います。

ヒルトというのは人差し指が傷付かないように付けた突起のことですが、この材料はニッ
ケルシルバーといってニッケルと真鍮の合金です。

ハンドルの真ん中の2本のピンはシュナイダーボルトといって中央が6mm両外側が
8mmのボルトで締め付けてあります。

またソングホールといって紐を通す穴があります。

シースは牛の皮です。3mmの皮を使いました。

20061025223306.jpg


作者は、刃物の本場岐阜の関の工房に通うビルダーです。

関といえば、刃物ではいわずと知れた日本一の刃物の産地。
関に限らず、我が国の刃物は日本刀の時代から各地で名工を輩出して世界を席巻していました、日本一ということは世界一といって良いでしょう。


ネーム入りです、カッコいいでしょ♪

20061025223324.jpg



製作者が役員を務める、中部カスタムナイフクラブは以下に。
http://www.geocities.jp/seki_cckc/


スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

浜風

Author:浜風
単身赴任男

全国どこでも行ったりきたり、多趣味なおっさんがジョージ・クルーニめざして日々楽しんでいます(笑)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin