ウッドシンカー・その2

Category : 仕掛け作り
引き続きウッドシンカーの製作。

トップの部分を削り、キャップと接着する。

ウッドシンカートップ

どうやらキャップはPP製のようで発泡用接着剤ではくっつかない事がわかった。
なので、水密製確保のためシリコンシーランとを塗り接着する。

接着剤硬化後、細部を仕上げサインする。

IMGP1480.jpg

いよいよニスを塗って完成。

完成IMGP1484

バルサは扱いにくかったけどまぁ試作品としては満足できる感じです。

考察
1.バルサは柔らかいのでドリリング時センターを確保するのが難しい、加工しやすく水に強い材料を求めるのが課題。
2.シリコーンシーラントは扱いやすく接着性も優れている、アジマックスにも応用しよう。
3.ウッドシンカーは見栄えは良いが作るのに発砲の数倍時間がかかる、よってこだわりのときのみの品にしよう。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

浜風

Author:浜風
単身赴任男

全国どこでも行ったりきたり、多趣味なおっさんがジョージ・クルーニめざして日々楽しんでいます(笑)

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
検索フォーム
リンク