立つ錘

Category : 仕掛け作り
巷ではボディーが木製の錘が売っていて、効能書きを読むとなにやら楽しそうなことがたくさん書いてある。

ならばと、早速作ってみた。

材料は以下のとおり、
立つ錘 001

まず、既製品を分解する。
立つ錘 005

天秤の足を一本切断、先端の○も切断。
立つ錘 006

切断部の修理はこのようにした↓
立つ錘 007
途中で気がついたがこの方法は若干まずかった、錘全体の強度を確保するためには不要のほうの足も長く残し上部で2本固定したほうがよい、特にデルナーは線が細いので重要。

浮きを必要な長さに切断し、内部をドリルでくりぬく。
立つ錘 008

下準備完了。
立つ錘 009

発泡用接着剤でパーツをくっつける。
立つ錘 003

一晩硬化待ち(笑)
立つ錘 010
海草天秤でも作ってみました。

太さが違うところを仕上げます。
立つ錘 011

天秤も付けて浮力テスト。 
立つ錘 012
完璧です。

完成品。かっこいいでしょ!
立つ錘 014
デルナー 25号、27号
海草天秤 27号

これで当たりや海底の地形がビンビンにわかる立つ錘固定式が完成です。
今回は固定式を作ってみましたが、次回は当たり重視の全誘導型を製作予定。

早く、キスシーンが開幕しないかな!



スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

浜風

Author:浜風
単身赴任男

全国どこでも行ったりきたり、多趣味なおっさんがジョージ・クルーニめざして日々楽しんでいます(笑)

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
検索フォーム
リンク