おらが浜

久しぶりに沖に出てみた

s-RIMG1383.jpg


s-RIMG13850.jpg




断崖絶壁の続くおらが浜

s-RIMG1384.jpg

第一原発から南へ6キロ、第二原発との間に挟まれたその浜に、かつて日本一小さい漁港があった。富岡町大字小良(おら)ヶ浜―、平成5年、新港ができるまで、6組の家族が代々、漁業を続けてきた。(NHKからコピー)


天気が良くて気持ちのいい航海だった。
 
 
 
 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

浜風

Author:浜風
単身赴任男

全国どこでも行ったりきたり、多趣味なおっさんがジョージ・クルーニめざして日々楽しんでいます(笑)

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

検索フォーム