九月の声が聞こえ、酷暑の夏も終わりを遂げそうだ。
朝夕の秋風を感じ、毎年のことだが夏の終わりはさびしい感じがする。

夏は毎年、戦争を振り返る本を何冊か読むことが続いている。その中の一冊

吉村昭 「戦史の証言者たち」

20070823180701.jpg



戦史小説というジャンルを築き上げた、吉村昭の取材ノートからのエピソード集。

晩年は戦史物を書かなくなっていた。
それは、緻密な史実を積み上げて書き上げる吉村昭の、取材の対象が高齢化し
歴史の証言者が少なくなったからだと読んだことがある。

吉村昭が亡くなって早一年が過ぎた、
史実を見つめ続けた作家の新たな作品をもう読めない、あらためて残念だ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

浜風

Author:浜風
単身赴任男

全国どこでも行ったりきたり、多趣味なおっさんがジョージ・クルーニめざして日々楽しんでいます(笑)

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

検索フォーム