泡で釣る!

Category : 釣りの考察
またまた名案(迷案)を思いついた(笑)
事の始まりは、simano で出している雑誌「フィッシングカフェ」に
京大の水産研究所教授が書いたコラムがあり、その中に
「アジは泡に群れる」「アジ科の魚は泡に突進してくる」
とあるではないか!!

話によると、アジは幼魚の時クラゲに着き、クラゲが集めたプランクトンを食べ、大きくなるとクラゲに集まる小魚を食べ成長するらしい。

それで、泡をクラゲと見間違いそこに餌があると突進してくる。

なに?! これは興味深い。

それで 「アジ 泡」でGooglしてみると
興味深いブログがヒット。

謀博士のブログにはダイバーの吐く息の泡に群れる魚の画像が・・・・

ここには、泡を餌と思い魚が集まる。と書いてある。


やはり、泡にアジは集まるのだ。

釣り場でも、活性が高いときはコマセを詰めて投入直後当たりが出る。
アジが食いつくイメージは
「ボッチャーン」とカゴが入り
「ブクブク」とカゴが棚へおさまり
「ボワーン」とコマセが出て
「パクッ」っと餌に食いつく
でなかろうか。

そこで、今回の発明は泡に魚が群がる習性を利用し「ブクブク」を長引かせる。
に行き着いた。(前置きが長くすみません・笑)





しかし、カゴに電動エアーブクを仕込むわけにはいかない


そこで、簡易ブクを入れることを思いついた。
ホームセンターの観賞魚用品コーナーにおいてある、水槽に入れると酸素を出す石である。


20070516142317.jpg



これをカゴに仕込み、コマセとともにポイントへ投入するのだ!!
「ボッチャーン」とカゴが入る
アジが「何だ?」と気がつきこちらを見る。
その時「ブクブク」とともに「ボワーン」と放出されるコマセ。
ここで一気にアジはヒートアップし、仕掛けに群がる。
そこには針の付いた美味しそうな餌!!
喰わずにはいられない(笑)

しかし、今回の発明はフューエルセーフティー
投入直後の異変に出遅れたアジ君にも安心。
潮に乗ったカゴからはいつまでも、いつまでも魅力的な泡が「ブクブク」と出続け
周辺のアジを捉えて離さない!!

考えただけでもワクワクする(笑)

また、泡発生装置をお求めにならずとも
ご高齢の型は、「ポリデント」なり「バスポカ」なり身近にあるものを使用してみてください、こちらはおそらく炭酸ガスの泡が発生すると思いますが、魚は酸素を吸いに来るのではないので大丈夫でしょう。(たぶん・笑)




はてさて、試験結果はいかに!?(本気?笑)
スポンサーサイト

Comment

泡は夜でも

効果があるのかなぁ~?
もう一歩踏み込んで夜光泡を開発してくださいな!!

羽付カゴは夜間では飛行姿勢が確認できませんでした。
近々昼間のテストで試しますデス。

予想外です。(^^ゞ
非公開コメント

プロフィール

浜風

Author:浜風
単身赴任男

全国どこでも行ったりきたり、多趣味なおっさんがジョージ・クルーニめざして日々楽しんでいます(笑)

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin