FC2ブログ

子ヤギが生まれた

12日、予定より早く子ヤギが生まれた。
10時ころ、生まれて直後だと思う、ナナコは朝に産むヤギだ。
sDSC00823.jpg
子供も元気だ、早速初乳を飲んでいる。

続きを読む

スポンサーサイト



ヤギたちのごちそう

ヤギたちがスカンポが好きだと情報を得て、採ってきた。
s-DSC02583.jpg

初めて見るえさに興味津々。

s-DSC02584.jpg



なるほど、よほど旨いのかうなって食っている。
s-DSC02585.jpg

このあと、ナナコの瞼にダニを発見、ペンチで取ったが頭が残ったようだ、大丈夫だろうか。

大急ぎでダニ除け薬とダニ取り具を注文した。
 
 

小ヤギ 生後16日目

妹ナナもすっかり元気、ピョンピョン飛び跳ねて遊びます。
s-DSC01898.jpg


兄のゴロウ、母ヤギのモモ、やさしいボブおじさん
s-DSC01903.jpg


ナナはもっぱら人間用ミルク
s-DSC01905.jpg
一気に200CC呑みます、現在は一日700CCほどあげています。

s-DSC01904.jpg
ゴロウにナナの飲み残しを一度あげたら味をしめておねだりに来ます。

兄妹はとっても仲良し。

生後6日目の小ヤギ

日曜日のこと、お天気が良かったので始めて外に出してみました
乱暴なオスたちは隔離してます


母ヤギはオスの子にだけ母乳を与えています、困った親です
s-DSC01881.jpg


それでも兄妹は仲良く遊んでいます、いっちょまえに親らしく見守る母ヤギ
s-DSC01883.jpg



妹には人間用ミルクをあげています
s-DSC01885.jpg
自分の母乳はあげないくせに子供のミルクをせびる母


妹はナナとなずけました
母ヤギがめんどう見ないので夜は家の中ですごしています

子供らに乱暴する父ヤギは生まれたふるさとの山に帰ってもらうことにしました

父がいなくなると、母子三頭とやさしいおじさんヤギ一頭の四ヤギ家族になります
 

 

子ヤギが生まれた

久々にヤギの記事です
ゆうべ9時ごろ妻がヤギ小屋を見に行ったら子ヤギが生まれていました
今まではすべて日中の出産だったのでおどろきました

私が見に行くとほんとに小さくて早産のようでした
母ヤギはまだ一歳で初産で双子だったので大変だったのでしょう
子供のめんどうを見ることが出来ませんでした

急いでお湯で子供の体をきれいにして様子を見ますが
先に生まれたと見られる一匹はなんとか立ち上がりますが
もう一匹はぐったりと寝たままです
体重も軽くて持った感じ600グラムほどしかありません

これはいかんと思い、母ヤギの初乳を二匹に無理やり飲ませ
体が冷たいので昨夜は家の中でめんどうを見ることにしました

妻にドラックストアへミルクを買いに行ってもらい
その間、ドライヤーで二匹を暖めました

生まれてから一時間ほどでようやく立ち上がりました!!!

s-DSC01867.jpg
後から生まれたこの子は夜を越せないと心配でしたがなんとかもちなおしました


先に生まれた子です、骨格が一回り大きいようです
s-DSC01869.jpg


二匹ともミルクを80CCほど飲んで一息ついたようなので
兄弟いっしょにしてあげました
s-DSC01875.jpg

疲れたのかほどなく寝てしまい、私の横で朝まで寝ていたようです

おなかがすいたようなので二匹にミルクをあげました
どちらも80CC飲み干して元気なようです



朝、母ヤギを見に行くと子供を捜しているのかいつもと違う声の大声で泣いていました
気温が上がってから、オスヤギ二頭とは隔離して母子を一緒にしてあげました

まだ寒いので少し心配です、しばらくは目が離せません

そんじゃまた!!!
 
 


ヤギ達のこと

久しぶりにヤギの記事です

ずーと書けなくて

3月6日ユキが死にました

死因は不明です

なくなる数日前、食欲はあったのですが立てなくなりあっというまに・・・・

火葬したら骨はスカスカでした、若くして出産したからでしょうか

我が家にはじめて来てくれたユキ、ユキは高潔で独身時代は私に触れることを許しませんでした

子を産んでからようやく私にも触れさせてくれるようになり、それがあっというまに、悲しくて悲しくて





山の牧場主が独りっきりになったボブのために、昨年12月に産まれた雌雄を分けてくれました

私たちはカズとモモと名づけて飼い始めました

家族が増えたボブは元気になり一時はボス気取りでしたが

去勢オスの悲しさか一切年下のカズにボスの座は奪われました



クリスマスに産まれたモモは小さくて可愛いが、亡くなったユキのように用心深く心を開いてくれませんでした

6月5日、朝運動場に行ってみるとお立ち台がひっくり返っていて

足を引きずるモモがいました

左前足が骨折したようでした

獣医をあたりましたがどこもヤギは見てくれません

まだ一歳前のモモを失うわけには行きません

素人なりに添え木をしテーピングでギブスをしました


今、6月18日すこし足をついて小走りできるようになりました

ヤギの回復力はおそるべしです

来週にはギブスが取れるかもしれません

まっすぐくっ付いてくれればいいのですが、また前のようにすばしっこく走ってくれるように



祈っています




ユキは居なくなってしまったけど

空とユキの血を引くボブ

新たな家族、カズとモモ


また新しい命が秋には誕生するかもしれません

大事な命

いとしいヤギ達、また写真をアップしたいと思っています


 
 

お盆休みのヤギたち

今年の夏はさむかった

雨も多かったのでヤギたちにはかわいそうな夏だった

s_DSC00494.jpg
ユキとハナは私を無視して餌に夢中
マルが警戒して見張っている




人懐こい寂しがり屋のボブはすぐカメラによって来る

s_DSC00493.jpg

s_DSC00492.jpg



ユキも時折警戒している

s_DSC00491.jpg


久しぶりにヤギの爪を切ってやった

ボブは生まれて初めて

ボブは捕まえても逃げないので一人で切れた


ユキは捕まえられるけど力が強く逃げるので押さえつけてもらって二人で切った

二匹とも巻き爪になっていて切ってよかった

ハナとマルは逃げ足が速く人間が疲れてしまったので次回に回した


久しぶりにヤギたちと触れ合えて楽しかった
  
 



うさぎ


家から写メが送られてきた

うさぎ

ヤギ牧場にウサギが住み着いたようだ

結構大きなウサギ

ヤギのえさをかすめ取って大きくなったのだろうか
 
 
 

別れの日

引っ越しでFC2のパスワードを忘れたりして困っていましたがやっと復帰




4月4日別れの朝の全員

7頭に増えたヤギたち

DSC00297 (2)

普段は女房一人で見ているので手が回り切れず、また空は大きくなって女房の体力ではかなわなくなってしまいました。

そこで空と花丸ちゃんの三頭を手放すことにしました

面倒を見てくれるのは空とユキが生まれた牧場です

オーナーは昨年事故で3頭をなくし、また13頭ものヤギを盗難されたいして気を落としていたところでした


DSC00305 (2)

ボブは故郷に凱旋ですボスヤギになれるでしょうか?

花と丸は兄弟仲良くやっていくでしょう、夏になったら会いに行ってきます




家に残ったヤギたち

サリーとメリーは花子と丸子に改名しました

DSC00307 (2)

ユキは1日目は泣いて探していましたが二日目で落ち着きました

ボブには母親がいなくなるつらい思いをさせました、今日も少し泣いていました

今回は長期休暇がもらえたので寂しくなったヤギたちの面倒をいっぱいできます
 
 
 





山羊たち

2月13日撮影の山羊たち

生後5週間のボブ
DSC00192.jpg



ユキと一歳になったユキの子、はなとまる。枯れ枝を奪い合っています
DSC00191.jpg



にぎやかな牧場です

奥からユキ、まる、サリーにメリー、ボブ、はなちゃん
DSC00197.jpg



独りぼっちの空

DSC00187.jpg